So-net無料ブログ作成

Hola, Buenos Aires (12) [Argentina 2011]

CIMG5261 (800x600).jpg


Buenos Aires市内には洒落たカフェがいくつもあり、朝から夜遅くまで地元の人々で賑わっています。1杯のコーヒーで新聞に読みふけっている人、ショッピングの途中で友達と一息ついている人達等見ているだけで楽しくなってしまいます。「Uno cafe, por favor. 」と注文すると小さなカップに濃厚なコーヒーが注がれてきました。小さなスイーツも漏れなくついてきます。 1週間の旅行中カフェ時間を楽しんだのは2回だけ。というのも日中はとても暑くて(28-30度)、コーヒーどころではなかったのです。ああ、ビール好きな人がいつも一緒にいたというのが最大の理由かな。 笑

緑溢れる街ともそろそろお別れの時間。名残惜しいです。
CIMG5318 (600x800).jpg


25Hのお店とも。笑
CIMG5339 (800x600).jpg

12月30日は仕事納めの日。昼過ぎともなるとオフィス街ではどこもかしこも紙吹雪が舞っています。何と年末恒例の行事なんだとか。シュレッダーの紙や不要な伝票などなど何でもあり。ダーリン、かなり面白がっていました。
CIMG5325 (600x800).jpg


午後2時過ぎは多くの店が閉店。込み合っていたのはベーカリーや食料品店。31日は家族で過ごし、夜からNew Year's Partyに繰り出すのだそうです。

またいつか訪れたい場所となりました、Buenos Aires.

PS: タンゴ音楽と言って思い出すのはAstor Piazzola "Libertango" Yo-Yo Ma演奏のお気に入りアルバムより。

nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

pandako

ブエノスアイレス、満喫してきたのですね~♪でも、何がすごいってCecileさんのその情報量です。知識豊富だと、その場所に行ったらもっともっと楽しめますよね。行かない私もCecileさんのブログで行った気分になれちゃいました。私も見習わなくっちゃ!私はいつも仁和寺にある法師なの。山までは見ずって感じで・・・。
by pandako (2012-01-15 03:40) 

cecileyvr

pandakoさん、おひさ~。
ブエノスアイレス、大満喫でしたよ~。旅行中はボーっと過ごしてホテルに戻ってからガイドブックで復習している始末だったけれど、ブログを書くに当たって調べてみるとその深さに再度びっくり。1旅で2度おいしい、ってところでしょうか。 笑い
ああ「これも仁和寺の法師」古文で習ったな~。懐かしい!
by cecileyvr (2012-01-15 08:18) 

管理人K(3X歳)

遅ればせながら、今読み終えました。
お疲れ様でした!

南米はペルーしか行った事のないわたしですが、「やっぱり全然違うなあ」と思うと共に、「そうそう、南米はやっぱりすごいエネルギー」とも思いました。できれば、妻(2週間後より)と一緒にアマゾンのジャングルを再訪し、イグアスの滝と初対面したいものです。

余談ですが、「アルゼンチン人」と聞いてわたしが最初に思い浮かべるのはEvitaでもAstor Piazzolaでもなく、Che Guevaraだったりします。彼の日記「The Motorcycle Diaries」は、母国アルゼンチンから南米全土を巡る壮大な旅の記録で、わたしも映画版を見たのですが、面白かったですよ。
機会があったら観てみて下さいね! ではまた〜。


by 管理人K(3X歳) (2012-01-17 02:18) 

cecileyvr

Kさん
アマゾンのジャングル体験済みだったのですね?素晴らしい。
B.Airesはニュースで垣間見るような南米にありがちの貧困な雰囲気が皆無だったこと。豊かで安全な国はニュースにならないですからね。情報も全くなしでフラリといったのが却ってよかったのかもしれません。

Che GuevaraとはCheで有名な…おっ、この顔、よくTシャツになっているじゃありませんか 笑 映画、探してみますね。
by cecileyvr (2012-01-18 13:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。