So-net無料ブログ作成

Hola, Buenos Aires (8)  [Argentina 2011]

CIMG5249 (800x600).jpg


Argentinaと言えばTango。その昔Tango Argentina公演を東京で観た時、あまりにも密着した動きに「この人達はどうして互いに蹴飛ばさないで踊れるの!!!」とびっくりした強烈な思い出があります。上記写真はLa Bocaレストランでのダンサー。地元出身のガイドいわく「La Bocaはイタリア移民の街。あそこのTangoは観光客向けだね。発祥は別の場所さ」と熱っぽく語り始めました。

19世紀の終わりにBuenos Aires郊外発祥のTango。バンドネオンの音とリズムに合わせ、感情、情熱、そして人生への想いを込めてステップを踏む人々。ダーリン手配のツアーにはTango &Dinnerの夕べが組み込まれていました。ところが場所不明。どこへ行くのでしょうか、私達 笑。 夜8時過ぎにホテルまで迎えに来てくれたバンに乗り込んで到着した先はKing of TangoのCarlos Gardel

CIMG5264 (800x600).jpg

豪勢なインテリアです。
CIMG5272 (800x600).jpg

案内されるがままに席に着くないなやディナーの注文が取られ、ワインを次々と注ぐウエイターの身のこなしはさすがに慣れたもの。Tangoの歴史を綴ったビデオを見ながらしばしご歓談。
DSC_1775 (800x537).jpg

私が注文したのはタルタルステーキっぽいもの
CIMG5265 (800x600).jpg

メインはビーフ。これまた2cm以上の厚さで半分で完敗。いやー、ダーリンも同じ状態ですわ。
CIMG5267 (800x600).jpg

デザートはチョコレートムース。
CIMG5268 (800x600).jpg

隣に座ったのは在Rio de Janeiroの日本人カップル。奥様は英語は全くダメ~、と言いつつ日本語でのおしゃべりが弾みました。

ショーが始まったのは夜10時過ぎ。「ここからは写真、ビデオ撮影はご遠慮願います」というアナウンスにもかかわらずバンバン撮影しまくりのチャイニーズの人々。うーむ、ひんしゅくですね。 ウチはじっと我慢でショーを楽しみました。グループダンスから数ペアによる異なるダンスへと観客を惹き込んでいきます。中でも圧巻だったのは老カップルのダンス。人生の酸いも甘いも知り尽くしたような踊りっぷりがカッコよかった~。

最後に決めてくれたダンサー達のポーズ。かなり観光客向けっぽい場所ですが、Tangoにとっつきやすいオープンさが売りでしょう。 次回は地元の人しかいないようなディープな場所に行きたいですね。
DSC_1782 (800x537).jpg


Wonderful night in Buenos Aires.
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ちづる

うわぁ~、生で見るタンゴって迫力あるんだろうなぁ。昔むかし日本にいたときに、何かダンスを習いたくてタンゴが第一候補にあがっていた時がありました。結局、タップを選択することになったのですが、タンゴ、やっぱり格好良いですよね~
by ちづる (2012-01-09 13:31) 

cecileyvr

ちーちゃん
最初の写真はタンゴというよりちょっとフラメンコぽかったです。隙のない身のこなしには口あんぐり。ディナーショーはステージからちょっと離れていたものの迫力満点でした~。
タップもカッコよいじゃない!
by cecileyvr (2012-01-10 12:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。