So-net無料ブログ作成
検索選択

International Development [Study]

US-food-aid-008.jpg


いつものほほ~んと暮らしている私ですが、たまには勉強しようと思い、オンラインコースを選択しました。テーマはInternational Development。 メデイァやニュースで報道されている内容とその事実の根底は異化に…と単なる好奇心で選択したのですが、受講者はNGO勤務経験者、大学で専門に学んだ人等蒼々たるメンツ。しかもカナダ以外の各地からの参加。オンラインならではの醍醐味です。

6週間のコースは各週のテーマに沿った関連文献を読み、レポート提出、オンラインディスカッションをしていくというもの。受講者は5-6名毎のチームに分れ、最低2名に対してコメントするのも課題。

既に2週目なのですが、今回のテーマは「貧困」。OECDのデータより寄付国、受領国を選び、レポートしていきます。寄付国の日本に対して、トップの受領国がインドだということ、知っていましたか? 一気に我家で私の株が上がりましたよ、ダーリン。 笑。

レポートを無事提出後、チームメイトから
「日本には貧困の問題はないの?」 と質問が。貧困だなんてありえないだろう、と思って調べてみると、ショッキングな事実が。

「日本の貧困は見事に隠されており、実情を測るのは難しい。2009年の調べによると約6人に1人が貧困に喘いでいる」

さらに追い討ちをかけるように北海道の元炭鉱村で教師として赴任しているチームメイトのカナディアンは
「日本における部落問題、アイヌの人々、更に外国人に対する差別は計り知れないものがある」
と鋭い指摘もあり、新しいことを学ぼうとする意欲は一気に奥底へ。

事実を知ることは何よりの学び。 あと4週間気合を入れて参加していこうと思います。
nice!(1)  コメント(2) 

Building Multicultural Teams [Study]

CIMG3983 (800x600).jpg


UBC Continuing Studiesのコース、Building Multicultural Teamsのworkshopに参加してきました。2日間9-5時のコースは8名の参加者、インストラクターも全員女性の和気藹々というか、オバちゃんパワー炸裂でそれは面白かったのです。

参加メンバーはHong Kongで英語教師をしていた人、教師、マルチカルチャー組織で働くベテラン、などなど様々。唯一の学生Milyanはオバちゃんトークになじめず静かな雰囲気でした。当然日本人は私だけ。異文化論でいつも話題に出されるのが日本人の行動、仕草、等々。ええ、かかってきなさ~い。

日本で社員教育向けセミナー等参加したことがあるけれど、講師が話している間は質問は殆ど出ないのが普通。インストラクターの説明にいちいち反応し、テーマとはそれていても質問し、そこから更に盛り上がるカナディアンの人々。時に脱線し、余計な時間をたっぷりとかける。この流れについていけないと全く取り残されます。

2日間の内容はグループ編成を数回変えてディスカッション、発表等座りっぱなしの形式ではなく参加型。流石に2日目後半はちょっとグロッキー気味だったけれど、全てのメニューを終えると皆で拍手。

普段オフィスでの仕事ではしみじみとディスカッションすることは殆ど無いため、カナディアンの話の聞き方、ユーモア、オバちゃん、いえ、年齢を重ねた人ならではの会話の進め方等、とても参考になりました。

それに反して学生Milyanは発言時に何度「you know」を連発したことか。要は何が言いたいんだろう?と主旨のない内容となっていました。それでもオバちゃん達は母親のように優しく彼女に質問を促していきます。

どこの世界でも懐の深い女性はパワフルです。このあと6週間はオンライン学習。オバちゃんチャットが炸裂するんだろか? 楽しみ♪
nice!(0)  コメント(0) 

Final [Study]

001 (800x600).jpg


バンクーバーの1年で一番美しい季節がやってきました。こんな気持ちの良い日にファイナンス最終試験とは…今回も難解な計算式の数々が登場。授業中はフムフムと提示問題を順番に解読していけるのですが、いざ応用問題となると大パニック。隣の席のリセルも首を左右に振って「さっぱりわかりません」ポーズ。いや~困ったものです。

そしていよいよ試験開始。あれだけ勉強した気分なのに計算式がすらすらと浮かんできません。このブログのSTUDY欄で試験の度にいつも同じようなコメントをしている自分にもがっかりですね。いやはや。

ま、とにかく終了。最後まで計算できなくとも(つまり解答がだせなくても)途中式だけでも試みたぞ、という状態で提出。

いや~終わりました。ちょっとのんびりします。

002 (800x600).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

Midterm [Study]

ファイナンスクラスの中間試験終了!やれやれ、ほっと一息。

週末も図書館で勉強、ダーリンが遊びに行っている間にも自宅学習してみたものの、そう簡単には頭に入っていきません。いや困ったものです。

そして当日。先週の時点では「2時間」と言われていたのに、インストラクターは黒板にデカデカと6:30-9:00と書いています。え?これは難問ばかりってこと? 教室を見渡すと、数週間前に見ていた顔がなくなっています。数名ドロップアウトしたのかもしれません。むむむ…

数問全くお手上げのものもあったけれど、取り敢えず終了。集中とリラックス、日々のノンビリ仕事では味わえない脳みその使いっぷりです。こうして人間は切磋琢磨して成長していくんだろな、と客観的に考えてもみたり。

結果はいかに??おっと、週末はワインとともに楽しく過ごします♪
nice!(0)  コメント(0) 

Small Decision [Study]

026 (800x600).jpg


2年前より始めたアカウンティングコース、週に1,2科目受講の割合で進めてきて現在はファイナンスPart 1。これがまた…超難解。計算式に強い頭の持ち主であればサクサクっと進められることでしょうが、なにせ文系の私、いやー、時間がかかることったら…とはいうもののせっかく受講したのでパスしないと。そうこうしているうちに来週は中間試験です。

元々のきっかけは職場の補助金も出るので、継続学習をして何か身につけよう、と気軽に始めたのですが、実際経理やファイナンス業務をしているわけではないので実務に即役立つわけでもなく、数字が大好き♪なわけでもないので行き詰まってきました。あと3科目受講すれば修了証がもらえるけれど、更なる難解灘を渡らねばなりません。

5月からの新学期はスキップすることにしました。理由は土曜日9:00-16:00の時間帯。バンクーバーの一番美しい季節、7週間も閉じこもって勉強するだなんて…確か昨年も同じ思いを抱いたことを思い出しました。そしてコース習得の道のりは決して楽ではないことも。

気がつくとチューリップは華々しく咲き誇っています。
027 (800x600).jpg


ちょっと一休みしてこの先を考えましょう。
028 (800x600).jpg

nice!(0)  コメント(2) 

Before the happy holiday season [Study]

016 (600x800).jpg


クリスマスのハッピー・スピリットは少しずつ人々の間に広がり、ギフト選びやパーティーに忙しいだけでなく、笑顔が広がっている今日この頃。カナダでは12月26日は「ボクシング・ディ」の休日。大バーゲンセールの日でもあります。今年はこの日を待たずに既に大幅ディスカウントしているデパート等もあり、不況の中での消費者にアピールしています。私も便乗してセールに… おっと、その前にマネジメント・アカウンティングの最終試験があります。

中間試験はまずまずの結果。最終的にコースをパスするには65%の点数が必要。これは試験だけでなく、3回の提出課題、出席件数も含まれます。全てを計算してみると、最終試験点数を75%以上獲得しなければ。私にとってはかなりの難関。さて、どうなることやら。

試験日前夜、バンクーバー・アートギャラリー前に置かれたクリスマス・ツリーを見に行きました。暖かい光に包まれた夜。

GOOD LUCK!
nice!(0)  コメント(0) 

Still continuing... [Study]

004 (800x600).jpg


9月半ばより始まった「マネジメント・アカウンティング」の中間試験が迫ってきました。今までは週に2コースを受講してきたけれど、今期初めて1コースのみに絞ってみました。というのも前回、前々回とファイナンス・アカウンティングを続けて落としてしまい、アカウンティングを学ぼうという本来の目的に程遠くなってしまったので、一発集中?を狙ったところ。もうひとつは季節柄真っ暗な夜道を週2回10:45に帰宅するのはかなりしんどくもなってきたので。

現在の秘書業務がかなり余裕なので、空いた時間に勉強でもして資格でも取るか♪と軽ーい気持ちで初めたアカウンティングコース。最初はまずまずだったものの、次第に困難の極みに…実務経験が無いというのはゼロからの学びでもあるので、かなり厳しいものがあります。

カナダ公認会計士の資格には大学卒位及び会計業務経験が必須。どちらも無い私としては、まずカレッジの「プロフェッショナル・アカウンティングコース(14科目)」終了にチャレンジしたいけれど、その中には大嫌いな「統計学」があるのです。しかもこの授業は週2回。うーん、やる気が沸かない…おっと、その前に目の前の試験をパスせねば。

本末転倒な学びの日々であります。
nice!(0)  コメント(0) 

Just a moment [Study]

CIMG1475_1_1.JPG


先週行われた2つの中間試験結果が戻ってきました。まずは「インフォメーション・マネジメント・システム」。これはアカウンティングコースの一環のクラス。データベース情報、コンピュータ関連情報が主な内容。結果はまずまず。ところが本命の「ファイナンシング・アカウンティング3」コースの結果は?

「クラス平均点は73%。大体中間試験は65%程度が平均なのに、皆、よくやったわね」とインストラクターのヘザーは誇らしげ。さて私の点数は…トホホを超越し、平均点には程遠い点数。ところが不思議なことにスッキリとした気分。試験中も手ごたえの無さがわかっていたから。このコースは毎週新しいメソッド学習するので後ろを振り返らずにガンガン進んでいくもの。気を取り直して最終試験に臨みましょう。さて、コースの合格ラインは65%。最終試験で満点(100%)をとったとしても平均点数を計算すると… ふ、不合格?

クラスメート達は「カナダ公認会計士」免許取得のため必死の形相。会計関連業務に携わっている人が殆どの中、異質?の生徒の私は「学ぶことに意義あり」のスタンスでやっています。もっと簡単に学べるものかと思っていたけれど、人生そう甘くはないものです。

アジサイの爽やかなブルーに気持ちを落ち着かせ、今後のことを考えましょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

Short Break [Study]

CIMG1440_2_1.JPG


2日続けてアカウンティングコースの中間試験があり、どんよりと勉強の日々でした。ようやく終わって一息ついたところ。

ところが特に本命のファイナンシャル・アカウンティングは猛勉強?したはずなのに計算方法がスッポリと抜けてしまい答えに自信なし。試験終了後「結構イケたね」なんていうクラスメートの会話を右から左に流し、むなしい気分で学校を後にすると未だ明るい空の青。バンクーバーの夏がやってきたというのに、私は何をしているんだろう?

エネルギーを使い果たしてしまった体と空白感の中、「このままコースを続けてもムダなのでは?」「何のために勉強しているんだろう?」とネガティブな考えが次から次へと。火曜のクラスで隣の席に座った彼女は
会計の仕事もしていないのにコースを取るなんて!どうして?まあ基礎を学ぶことはいいことだけれど…」と驚いていたし。

まずは今のコースを無事パスすることに集中して、次のことはちょっと考えてみましょうか。夏の光を浴びて輝くバラが笑いかけているように見えました。
nice!(0)  コメント(0) 

Final exam [Study]

CIMG1151_1_1.JPG


様々な種類の桜が植えられているバンクーバー、青空の下白い花びらをたわわに抱えて咲き誇っています。
さてさて今日はエコノミクスの最終試験。これで1月からの授業が全て終わり次期授業開始の5月までのんびりできます。おっと、のんびりする前に試験を終わらせないと。

えっ?サクラチル? そ、そんなぁ…
nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。