So-net無料ブログ作成
検索選択

Go women Go! [Canadian Life]

DSC_0042 (800x600).jpg


カナダ日本代表の女子サッカー国際親善試合がバンクーバーで行われたので、ダーリンと共に観戦してきました。場所はBC place. 雨降る夜の屋内観戦は気分もゆったり。

試合前にそれぞれの国歌が流れ、祈るような表情の日本選手の表情と、皆で肩を組みながらO Canada♪ と笑顔で歌うカナディアンチームの違いも対照的。
DSC_0043 (800x600).jpg


試合は的確なパスをこなす日本と、パワー全開のカナダはかなりいい勝負。最後の最後に見事なゴールを決めた日本、3-2で試合終了。席の前後は元気なカナディアン女子に囲まれていた私達、最後のゴールで大騒ぎしていたのは私だけ 笑。
10333238.jpg


2015年女子サッカーワールドカップはカナダで開催予定。決勝戦は何とバンクーバー。ダーリン、既に行く気満々。

女子サッカー観戦初体験の夜、エネルギー溢れる選手の皆さんに乾杯!
DSC_0044 (800x600).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

Nite in Goa [Canada, but INDIA!]

DSC_0949 (800x537).jpg


在バンクーバー インド・ゴア出身者コミュニティ主催のダンス&ディナーパーティー Nite in GOAは1年で最も大きなイベント。ゲストパフォーマンスにより華やかに開幕。写真はユースメンバーによるダンス。ゴアは約400年間ポルトガル領であったため西欧文化の影響が強く、インドとはいえスパニッシュ的な要素たっぷり。ダンスもしかり。

200名程のゲストは皆家族またはカップルで参加。シニアの人々もドレスアップしてダンスを楽しんでいます。
DSC_0970 (800x537).jpg


この日のドレスコードはフォーマルまたはエスニック。色彩溢れるインドならではの衣装を見るのも楽しみ。
私も! とインドで購入したスーツに合わせてばっちりメイクアップをしたつもりなのに、写真を見てみるとさっぱり顔が1人浮いていました 笑。 元々の作りが違うのよね。 

インド料理ブッフェの後はダンス! ダンス!
DSC_0980 (800x537).jpg


パーティー終了は午前1時30分。 楽しかった~。
nice!(0)  コメント(0) 

Happy Diwali [Canada, but INDIA!]

P1020949 (800x600).jpg


ヒンドゥー教徒の新年を祝う祭典Diwali は毎年10月末から11月頃に行われます。光りの祭典とも呼ばれるこの日は灯りや花火を沢山使い、暗闇に潜む悪を払うならわし。ヒンドゥー教徒ではなくともインドでは一般的な祭典です。

ということで、シーク教徒の友人宅に招かれました。キャンドルの光りに導かれながら玄関までたどり着くのはなかなか雰囲気があります。部屋にも当然キャンドル。料理上手な彼女、スナックから手作りの品が溢れんばかりに出されます。
P1020955 (600x800).jpg


この日のドレスコードはインディアンで。カジュアルスタイルながらも華やか。
P1020963 (800x600).jpg


ディナーは数々のインド料理。5種類位あったでしょうか。チャパティも手作り!
P1020970 (800x600).jpg


この準備のためにかかった時間を思うと、本当にインドの人々の料理へのパワーはすごいものがあります。
日本にもおせち料理という素晴らしい文化がありますね。繊細な日本料理を全て手作りすると…想像しただけで気が遠くなりそう。 笑。

デザートはライスプディングと各種スイーツ。口が曲がりそうになるくらい甘~いのが特徴。
P1020971 (800x600).jpg


この日も楽しい夜を過ごしました。
nice!(0)  コメント(0) 

Short cruise [Travel]

DSC_0941 (800x537).jpg


金曜午後バンクーバー発、月曜朝ロスアンジェルス着という旅程でクルーズに行ってきました。何かと集うのが好きなインドな友人達+ダーリンの元同僚と総勢10名グループ。クルーズ初体験3名も合わせてそれはもう乗船前から大騒ぎ 笑。

ダーリンがカメラを持っていくというので、自分のは持たずに出かけた私。クルーズの間は友人達のカメラ攻撃に遭っていたので2人とも1度も使わず気付いたら最終日。写真はロスアンジェルス空港に着陸したAir New Zealand機。見事なペイントをお楽しみ下さい(ってクルーズと全く関係なし)。

今回もPrincess Cruiseを利用。1日目は悪天候にも関わらず食事、ライブバンド、ダンスと思う存分楽しみ、いざベッドに入ろうとしたところから体調悪化。多分船酔いにあったのでしょう、2日目は殆どベッドで過ごし(涙)、3日目にほぼ復活、翌日無事帰宅したのでした。

昼寝はそれほどしない私ですが、この時は自分でも信じられないほど眠りまくってしまいました。旅の途中だったけれど、それはそれでよかったかな、と。ダーリンも友人達が一緒だったので、私抜きでも船内のイベントを楽しんでいたのでそれもよかった。

皆さんも体調には気をつけてくださいね。といってもいざ船に乗ってみないとわからないのよね。
nice!(0)  コメント(2) 

Motorcycle Diaries [Books]

200px-Motobook7.jpg


先日観たMotorcycle Diariesの原作。後にキューバ革命を担うChe Guevaraが友人Alberto Granadoと南米を旅した日記。
初めて訪れる地を細かく綴るその様子が映画の場面と重なり、2度楽しむこととなりました。

Cheというのはアルゼンチン人々の口語の癖。カナディアンが文章の終わりにeh というのと同じようなもの。
ペルーやチリを旅している時に「アナタはアルゼンチンから来たのね」と言われてしまう2人。「だってcheってよく言っているから」。

アルゼンチンの裕福な家庭に育った医学生Cheが見る他の国々、同じラテンアメリカでありながら貧困に喘ぐ人々、厳しい自然環境と闘う人々、民族習慣によっておこった病と闘う人々との出会いが表現豊かに書かれているのを読むと、一緒に旅をしているような気分になります。

途中父母への想いも込められ「心から愛している貴女の息子より」 と愛情たっぷりな手紙も含まれているのを読むと、彼が後年革命家になってしまった時の両親の心境はいかばかりだったことでしょう。

なかなか読み応えのある日記です。
nice!(0)  コメント(0) 

It's October [Vancouver Life]

DSC_0039 (800x600).jpg


カナダのThanksgiving Dayはアメリカよりも40日ほど早い10月第2月曜日。アメリカよりも北部に位置するのでいち早く収穫の季節を祝うというのが始まり。伝統的なメニューとしてはターキー、付け合せに各種類の野菜やマッシュポテト、そしてデザートはパンプキンパイ。

この時期の人々の会話は
「ターキー焼くの? 何を作るの?」 とthanksgivingの料理話題が多いです。朝のバスの中の会話も
「ターキーにベーコンを巻いて焼き上げて、それから…」とレシピを延々と説明している女性達。

同僚JulieはSaskatchewan州出身。彼女に何を作るのか、と尋ねると
「14年前にSaskatchewanから来た時、家族も友人もいなかった私達は大家さんからthanksgiving dinnerに招かれたの。引越し後も同様に、更に別家族も加わり、毎年全員同じ料理を持ち寄り、同じ位置で記念写真をとるの。毎年楽しみで♪」 と心温まるエピソードを披露してくれました。

2人暮らしの我家には巨大すぎるターキー、そして「ターキーは味がないよね」といまひとつダーリンに人気がないので焼いたことがありません。普通のメニューに感謝を込めて、の夕食。静かなThanksgiving でした。

アナタはどのように過ごしましたか?
nice!(0)  コメント(0) 

Bang Bang [Entertainment]

MV5BNTA1MTQ4OTcyNl5BMl5BanBnXkFtZTgwMzAwMzc2MjE@__V1_SY317_CR2,0,214,317_AL_.jpg


10月に公開されて以来インドで大ヒット中のBollywood映画Bang Bang」。Hrithik RoshanとKatrina Kaifの2人によるアクション映画。 今調べてみるとDay and Knight - Tom Cruise & Cameron Diazのリメイクだったようで。全く別イメージなっていました。

ロンドン塔に保管されているダイアモンドKohiNoor盗難事件をバックに、銀行の受付を勤めるHarleenの平凡な日々はRajveerに出会った時からアクション映画のように急転直下していく…

Bollywood映画によくある、ダンス、歌もふんだんに盛り込まれ、歌の途中、ほぼ数秒ごとに衣装も風景も変わってしまう(国も!)というありえない状況も盛り込まれた映画。

そして何よりHrithik Roshanを大画面で見ること♪ 人間離れした筋肉、激しく鍛えているのでしょうけれど、これは何か怪しいクスリでも飲んでいるのでは? と思わせてしまうほど。彼、ダンスも見事!
imagesXO30M6IP.jpg


きっとインドの女性達が目をハートにして見入っているだろうシーン。


話しの内容を楽しむというより、アクション、目まぐるしく変わる風景を楽しんできました。
nice!(0)  コメント(0) 

Indian wedding [Canada, but INDIA!]

P1020948 (800x600).jpg


ダーリン友人Jacob の息子さんの結婚式に参列してきました。この人、車で5分程の距離に住むご近所さんなのですが、実はインド・ムンバイ時代の幼友達。まさかカナダで、しかも近所に住んでいるとは数年間互いに知る由もなく、ある日共通の友人の一言「ああ、ダーリンが近くに住んでいるんじゃない?」ということからつながった縁。 こういう場合濃いインドな人々のコミュニケーションはとっても便利。

息子さんはローマン・カトリック、お嫁さんはシーク教の家族。ということで金曜日はシーク教の式、土曜日はカトリックミサ、そして夜はパーティー、という運び。シーク教の家族の方々は更に色々と儀式があったようで、ほぼ1週間にかけての大イベント。私達は土曜日のミサに参列。

開始時間12:30pm に合わせて友人達と共に15分前に教会に到着。12:30になってもJacob家の人々も、肝心のカップルも到着していません。12:45頃にゾロゾロと両家の家族や親類達が到着し、ミサは1時に開始。
インドな人々の時間観念に合わせ、30分余裕を見て連絡するというあたり、笑える、というか何というか…

教会のミサは2人の宗教が異なるので略式。笑顔を絶やさない神父の言葉は一言一言に重みがあり、心豊かな気分になりました。

そして夜のレセプションは6時開始。ところがこの日は毎月行われるインド・コミュニティのミサとバッティングだったのです。招待されている友人達は殆どこのミサに出席するので全員遅刻する、と前もってJacobに連絡。ミサが終わるや否や会場に駆けつけ、7:30頃到着すると…バンケットホールのほぼ半分のテーブルが空席。しかもカップルも到着していません。 笑。
8:00pm 頃「Welcome Mr. & Mrs Smith!!!!」とアナウンスと共にカップルが入場。  ああ、もう時間のことは話さないようにしましょう。 大笑。

インド料理のスナックが各テーブルに配られ、飲物と共に楽しんでいると、インド・パンジャブ地方に伝わる
エネルギッシュなBhangra danceグループが登場。パーティーを盛り上げます。そしてカップルのファーストダンス。普通この後は花嫁と父親のラストダンス…と続くのですが、それはなく、ダンスフロアはゲストで埋め尽くされました。

花嫁側のゲストはおそらく皆さんシーク教徒。装いからして違います。皆インド的超濃い目のメーク、ジャラっと派手派手のアクセサリー、衣装とそれはそれは豪華。私達も一応インドっぽい装いで参列したけれど、見るからにして違う。シンプルなのです。

DJによって進められる音楽は全てbhangra系。Lady GagaもBeatlesも全てbhangraリズム。なのでノン・ストップメドレーが数時間大音響で続いたのには正直かなり参ってしまいました。ゴアの人々のパーティーとは全く音楽もダンスも異なるのです。いや~面白い体験でした。

この日はインドで購入したスーツにNY Metropolitan museum shopで購入したゴールドのピアスを合わせて。派手派手ゲストの中ではかなり地味だったな 笑。
nice!(0)  コメント(0) 

Autumn in NY (14)  [New York 2014]

P1020942 (800x600).jpg


NY旅も最終日。日曜の朝はゆっくりとブランチ…と楽しみたいところ。ホテル近くをふらふらと歩いて見つけたカフェ。雰囲気もよさそう。

P1020943 (600x800).jpg

ほほーっ、オーガニックメニューなのね。軽くcroissant & coffeeのつもりが、着席すると別メニューを出されてしまいました。そういう仕組みだったわけね。Petit Dejeneunerのセットを注文。

P1020945 (800x600).jpg

ポットコーヒー、クロワッサン、オレンジジュース、3種類のブレッド。 小ぶりのグラスで出されたオレンジジュースを飲み干してしまった後の写真。 

15分程してスライスされた3種類のパンが運ばれてきました。どうしてクロワッサンとパンが同時に出せないのか? という質問はさておき、隣のテーブルの家族連れは待ち時間の長さに文句を言っていましたよ。私のテーブルには後ゆで卵が出てくるはずなのですが…と聞いてみると「ああ、それは別オーダー。説明すればよかったわね」とそっけない店員。

なんだかなぁ、と思いながらクロワッサンを食べ始めると…つ、冷たい。残念。
さて、このセットの金額、$15.00!!! チップ込みで$17.00の不満足な食と時間をとってしまいました。トホホ。

今回の旅、振り返ってみるとカフェやデリのみの食事で1度もレストランに行かずじまい。アルコールはオペラ幕間で飲んだスパークリングワイン1杯のみ。 1人旅の楽しさは気軽に動けることだけれど食の楽しみは2の次ですね。それでも美味しいカフェにもめぐり合えたので満足。

短期間ながらも遊びまくったNY. 移動中も気になる店が次から次へと目に入ってきます。店舗数の多さはバンクーバーと比べ物にならないので、街歩きの楽しさも格段に違います。今回はマンハッタン北部から50th St.までしか移動できなかったので、次回は南下してEast Villege, SOHO等を楽しんでみようかな。

Thank you, NY. I will be back again...
nice!(0)  コメント(0) 

Autumn in NY (13)  [New York 2014]

P1020939 (800x600).jpg


NY最後の夜はjazz clubでライブ演奏を楽しみたいな、とインターネットで場所を探した所、たまたま見つけた舞台、そう、クラブではなくBillie Holidayの音楽を元にしたミュージカルを発見。しかも終演日が迫っていたのでこれも事前予約。

Lady Day at Emerson's Bar & Grill 1959年3月フィラデルフィアでの舞台を題材にしたこのミュージカルは1986年初演。2014年Broadwayで再演。Billieを演じたAudra McDonaldは最優秀女優賞のTony awardを獲得。

ステージはまさにBar & Grillの雰囲気そのものでテーブル席の観客はアルコール注文も可能。
P1020941 (800x600).jpg


BGMのようなピアノ、ベース、ドラムス、ギターの演奏が始まると気分は1950年代にワープしてしまったかのよう。 
「Welcome to Emerson Bar & Grill. Today is Lady Day show!!」のアナウンスと共にBillie役のAudraが登場。 

I wonder where our loves has gone....

甘く切ない声、歌いまわしのくせといいBillieが乗り移ったような歌声に観客のざわめきは消え、一気に集中。鳥肌が立つような緊張感に包まれました。
歌と共に語りの中で決して幸せではなかった生い立ちや出会ったミュージシャンとの交流等を語るBillie。時にユーモラスに、時にアルコールの力を借りないと支えきれないステージ。これも事実だったのです。

Billie Holidayといえば”‘Strange Fruit” 奇妙な果実 が有名。アメリカの人種差別を題材にした曲。「奇妙な果実」とは木にぶら下がる黒人の死体を意味するのです。実際Billieは1939年よりこの曲をレパートリーに加え、ステージ最後に必ず歌うようになったのです。

この曲が始まると照明は全て落とされ、ピンスポットライトのみがステージ上の彼女に照らし出され、鎮魂歌のように切々と歌われていきます。

最後の曲を歌い終わり、ステージを降りるBillie。観客は総立ちでアンコールを求め…おっと、これはミュージカルだったのです。よろけるようなBillieから実際の自身に戻った元気なAudraが手を振って観客に答え、皆我に帰りました。

さて、ここで気付いたアナタ、この日は朝からヨガ、Frick Collection、オペラ、そしてミュージカルとフル稼働。バンクーバーに帰ってからのギャップに耐えられるかしらん… 笑。
nice!(0)  コメント(0) 

Autumn in NY (12) [New York 2014]

P1020932 (800x600).jpg


午後のオペラを大満喫した後はSt. Patrick Cathedralのミサに参列。現在修復中のこの場所、内部も沢山のパイプで仕切られているけれど、教会自体は開いています。

場所は異なっても静かに祈る一時を持つということ、大切な時間のひとつ。
P1020933 (800x600).jpg


P1020935 (800x600).jpg


観光客溢れるMadison Ave.に立地するこの教会。外と中のギャップは生活と精神のギャップでもあるよう。
nice!(0)  コメント(2) 

Autumn in NY (11) [New York 2014]

P1020920 (800x600).jpg


土曜といえばマチネー公演が楽しめるMetropolitan Opera. 昼間なのでカジュアルな装い気軽に出かけられるのも魅力。とはいっても少しはオシャレな気分も楽しみたいので建物内に入るや否や持参したドレスシューズに履き替えていると、同じ事をしている女性を発見。「アナタも? オペラはやっぱり気分が違うものね」と意気投合。さあ、気分を盛り上げて。
DSC_0035 (800x600).jpg


5階席まであるオペラハウス。今日は4階バルコニー席($40.00!)を予約。常連らしき親切な男性に席までの行き方を案内されて無事着席。席から見える眺めは…た、高い。
P1020924 (800x600).jpg


席から身を乗り出さないと舞台が見えない角度。わかるかな、この死角。
P1020923 (800x600).jpg

席の前方には英訳の電光掲示が。スイッチ式なので見たい時だけ見ることができます。
P1020926 (800x600).jpg


演目はヴェルディ作「Macbeth」。ぜひ生で聞いてみたかったMETのプリマドンナ、Anna NetrebkoがLady Macbeth役を演じます。 写真はWEBより。
26MACBETH-master675.jpg


主役はマクベス夫人? と言ってもよいくらいの迫力たっぷりの彼女。深く豊かな声は4階席までビンビンと響いてきます。

夫マクベスにスコットランド王の暗殺を勧め、更に親しい将軍Banquoまでも刺客を放ち殺してしまう彼女。マクベスはBanquoの亡霊にさいなまされ、マクベス夫人も精神を病んでしまう。
この劇的な物語を音楽で表現するということ、楽曲は作者から演奏者へ受け継がれ、更に演出、歌手の力量によって相乗効果を上げていくのです。

カーテンコールに応える出演者達。素晴らしい舞台でした。
P1020930 (800x600).jpg


Verdi "Macbeth"
Conductor: Fabio Luisi
Macbeth: Zeljko Lucic
Banquo: Rene Pape
Lady Macbeth: Anna Netrebko
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。